先週は人気薄のメイプルブラザーで勝てましたわ。正直言えば、相手関係にも恵まれたんやけど、低評価を覆す走りに感謝ですね。そして、僕も重賞を勝たせてもらったクールホタルビが引退とのこと。正直、昔のような行きっぷりもなかったし、繁殖牝馬として第二の生活もあるやろうからね。ここで繁殖に上げてやっていいんじゃないか、と進言もしたんです。良い仔を産んでほしいです。

小牧太

今週は土日で阪神。一番チャンスがあるといえば、甲東特別のレインボーフラッグかな。どんな競馬も出来る印象やし、重賞でも差のない競馬をしてくれているからね。楽しみにしていますよ。

土曜8R(3歳上500万下)のタイキパラドックスはダートですか。前走の雰囲気からいえば、芝でも良かったんやないかと思うけど、千二になるのは歓迎やろうね。じっくり運べばいい脚は使ってくれる手応えは掴んでいます。どうやら、新厩舎みたいやし、何とか勝ち星を届けられたらエエね。

土曜2R(2歳未勝利)のリトルプリンスは前走が如何にも太め残りで、レース後に苦しがっていましたわ。ひと叩きの上積みも期待できるやろうし、スタートも五分ならば好位で運べそうなタイプ。乗りやすいし、前進できると思います。

7R(3歳上500万下)のキングサムソンは勝って同条件やけど、休み明けがどうかな?そこは未知数やし、勝つまでに時間を要したからね。慎重になるところですわ。

日曜8R(3歳上500万下のヒーローメーカーはノドの手術明けがどうなんやろうね。デビュー頃は調教でも、もっと動いていたようやからね。最終(3歳上1000万下)のアバンサルもこのクラスでは苦戦が続いていたし、休み明け。まずはメドを立てたいです。

小牧太

▲前走は1000万下の好メンバー相手に4着と健闘のレインボーフラッグ

▼現級では大崩れのないキングサムソン 課題は休み明けか

小牧太

先週のレースも回顧しときますわ。スワーヴカイザーはどうもこの馬本来の歩様、馬体じゃなかったかな。本来の力ならここでやれるはずやからね。クリノリトミシュルトウケイワラウカドと僕が知った馬がようけおったけど、本来の力なら、抜けていますから。

そして、今週はオールカマー(G2)に向かうワンアンドオンリーの追い切りに乗りましたよ(レースは内田博幸騎手)。指示通りにいったとはいえ、ビッシリとやっていい動きでした。状態は良さそうですね。

さて、次週は土曜に中山へダノンメジャーに乗りにいきます。追い切りは併せ馬で雰囲気をみとったけど、どうも難しさを出しているイメージ。能力は重賞級のものは持っているやろうし、積極的な競馬で臨みたいですね。

最後に、読者の人から「落ち着いた騎乗を続けられる秘訣は?」という質問をいただきました。「落ち着いている?」そうかな?まあ、ベテランの味。もう百戦錬磨やからね。ということにしておきましょう。

最近のフトシ事情=月曜はリッツ・カールトンホテルにて、後輩である川須栄彦騎手の結婚式に出席。「ええホテルで式をあげたねえ。料理もおいしくて最高でしたわ。その後は久々にユタカ君(武豊騎手)と飲みました。2時から12時くらいまでいきましたよ」

※次回は9月30日(金)に更新予定です!

小牧太

▲ワンアンドオンリーの追い切りに騎乗する小牧騎手