競馬予想に役立つ生きた情報が全て無料!びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram
  • line
新規会員登録

PR

  • うまスク
競馬ラボ公式ツイッター

金杯デーは残念ながら未勝利 早く片目を開けんとね

金杯デーは残念ながら未勝利。特に人気を集めたエノラブエナは、返し馬で前のようにおとなしくて、これはひょっとしたら……と思っていたんやけど、レースは完璧に乗れたのにまさかの惨敗。馬の世界に絶対はない、と思わされたと同時に、敗因がわからないことがショックです。

また、京都金杯(G3)のミッキーラブソングは理想をいえば、ラチ沿いに入れて、息を入れられたら良かったんやけどね。バッドボーイもある程度、主張していたし、あの形になりました。しかし、今回に関しては内・先行有利の京都で前2頭には離されたからね。これは力差を認めざるをえないんやないかな。勝ちたかったところやけど、納得はしています。

さて、3日間開催の始まりやね。3日間開催自体、毎度のように最終日はお客さんも入っておらんし、やる意味があるんかなと思うし、周りもそう言っているけど、早く片目、両目を開けんとね。

土曜1R(3歳未勝利)のエフハリストは前回ダートに替わって良い競馬。状態は変わらずといったところで、ダートも2度目で慣れが見込めるかもね。同じく未勝利の4Rコージェントは前回、トモを滑らせてしまって、先行してほしいという依頼どおりに運べませんでした。スタートさえ決まれば前進はあると思いますよ。

2R(3歳新馬)のアドマイヤフィズは追い切りの時計は出ているものの、追って追ってのもの。まだ、馬に前向きさが欠けているし、使いつつの印象です。馬そのものは能力を持っていそうやけどね。

7R(4歳上500万下)のドンアルフォンスは昇級後がもう一つ。まずはメドを立てないとね。前々で運んでみようと思っています。

舞鶴特別のオルナは2走前も太めの状態で勝ったみたい。思っていたよりも力があるし、外枠で砂を被らない競馬ならと思いますわ。

昨年末は毎年恒例といいますか、九州へ里帰りをしてきました。大晦日にはもうこっちに帰ってきとったんやけど、その大晦日に観た映画「海難1890」は素晴らしいの一言。去年観た映画で一番良かったと思うし、色々な人に観てもらいたい作品でしたよ。

※次回は1月9日(土)に更新予定です。
ヒットザターゲットは有馬後も馬場入りして、放牧に出たようですね。現役続行だそうですが、G1は使わない模様です。

バックナンバーbucknumber

一覧へ