先週はギンゴーで一勝。今年の初白星を挙げることができました。包まれるのもイヤだなあ、と思っていたのですが、上手く2番手で運べて最後までよく辛抱してくれましたね。一方のサーベラージュは比較こそつきませんが、状態も悪くはないと思いますし、それだけにかわいそうな競馬になってしまいました。ゲートこそ出遅れましたが、位置取りは悪くなかったと思いますし、ここからというところで前が壁に。タイトな馬群になってしまっただけに、この枠もこたえましたね。

柴山雄一

今週はアメリカジョッキーCC(G2)ルミナスウォリアーと挑みます。まず、今週の追い切りも遅れてはいるものの、以前ならビシバシやらないと動かないタイプが、馬場の悪い時間帯でも自分から動いていた点は好感。ここへきて、ようやく心と身体が噛み合ってきたのかもしれません。もともと冬場のほうが良さそうなタイプでもありますからね。

ゲートの出方や二の脚のスピードからも、自然と後方からの競馬になってしまうだけに、枠なんかは気になりません。もともと徐々に加速していくようなタイプ。前回は勝ち馬に4コーナーでサッと突き放されてしまいましたが、その点、コース替わりは良い方に出てくるはずです。僕も期待しています。

柴山雄一

▲18日の追い切り 柴山騎手も好感触のようだ

同じく日曜から、アレキサンドライトSのスノーモンキーはこのクラスでもうワンパンチに欠ける競馬が続いているけれど、この馬の特性どおり、馬群であえてモマれる競馬ができれば。

7R(4歳上500万下)のアスタリスクはこんな成績に終わる馬ではないと思っているだけに、ここ数戦はもどかしいですね。ただ、前走は2走前よりも気性面の良化はみられました。外枠や時計の掛かる条件になれば、キッカケがつかめるかもしれませんね。

阪神で勝たせてもらった4R(3歳500万下)のアッティーヴォはこのクラスに上がってどんな競馬が出来るか。まずはスムーズな競馬を心がけたいですね。

2R(3歳未勝利)のルートフォーミーは状態面がわかりませんが、いつか未勝利を勝てるチャンスがある馬と思っています。

土曜5R(3歳未勝利)のサクラサクコロは前回の競馬からは、早めに動いてでも、自分のペースで競馬をしたほうがいいと思いましたね。渋った馬場もプラスに働きそうなので、金曜の雪?予報も決してマイナスではありませんよ。

その他の馬では、ラッシュハートはペースが遅かったことを思えば、折り合いはよく我慢してくれました。目一杯追えなかったことが痛かったですね。

ネバーリグレットはジワジワ伸びてくれましたね。3~4コーナーで息を入れられたのも良かったです。引き続きこの距離を使えたら競馬はしやすそうですね。

※次回は1月27日(金)に更新予定です!