先週は残念ながら未勝利。函館スプリントS(G3)エポワスも勝ちきれたとまでは言いませんが、乗り方次第で2着はあったんじゃないかと反省するだけに惜しいところが多かったです。流れが速く、あの位置からになったとはいえ、3コーナーで外を回る形になってしまったのが誤算。下げて内に入れていれば、2着馬は交わせていたのかと……。

気を取り直したい今週ですが、先週よりも乗り鞍も増えていますが、調教で乗った馬も多いですね。

柴山雄一

土曜の3歳未勝利戦から、1Rのベリーグレートは前走のダート起用が裏目に出たかもしれません。もう少しやれて良い馬ですからね。2Rのデアリングアイデアは勝ちきれなさそうなタイプに思えますが、前走3着とチャンスですね。

5R(2歳新馬)のオモウツボはクセのないタイプ。突出した馬がいなければ初戦からマズマズやれてもと思います。8R(3歳上500万下)のヨンカーは追い切りに乗せていただきましたが、良かったですよ。1000mのダートという条件も合いそうですし、なにせ降級ですからね。

湯川特別のブライティアスターは後方まで下がったのに最後、伸びてきてくれた前走に見どころ。連闘ではありますが、このクラスでもやれそうなメドはついたと思います。大沼Sのディアドムスは実戦で乗せていただいたことはありませんが、調教に乗せてもらいました。しかし、聞くところ追い切りで動く馬ではないそう。気難しさを出さずに、なるべく気分良く走らせてあげたいです。

日曜4R(3歳未勝利)のボヌールバトーはこちらへ来て落ち着きも出ていますし、滞在が合いそうなタイプ。ワンパンチ足りないところはあるのですが、本来の時計が掛かる洋芝ならば走り的にも合うんじゃないかと思います。

8R(3歳上500万下)のゼセルは昨夏に乗せていただいたイメージでは、このクラスでもやれそう。ただ、中間跨っていませんし、久々の騎乗過ぎて気配は未知数です。同じクラスから、9Rのアスタリスクはウッドでの追い切りから具合は良さそうですね。落馬のアクシデントからリズムを崩していましたが、2走前が一連を払拭する走り。そして、今回は降級ですからね。

先週のレース回顧もします。トレクァルティスタは馬も良くなっていましたし、上位まで来てくれているのですが、もう少し早めに踏んでいくべきでした。折り合いの難しさも解消していただけに、もったいない競馬になってしまいました。

ラストプライドワンはとにかく出遅れに尽きます。もともとゲートでうるさいところはありますが、今回は特にうるさかった。使いつつ難しさも出てくるのかもしれませんが、面子などの馬具で工夫したいところ。あそこから差してきたように力は示してくれましたからね。

ハイデンガールズは1000mダートの内枠というモマれやすい条件が苦しかったですね。枠一つで巻き返せるかと。ノアブリジットは千七にも対応してくれました。止まるかと思ったのですが、あわやでしたからね。次が楽しみです。

しかし、皆さんもご存知の通り、先週はとにかく時計が速かった……。週中に本馬場の追い切りに乗った時は、今年も良いクッションだなあと思っていたのが、週末にあれだけガラっと変わってくるとは思いもしませんでした。もちろん追い切りとレースでは通る箇所が違いますけどね。

今週も朝は調教、昼はゴルフ、夜は馬場でランニングという日々を過ごしており、ほとんど外へ出ることのない生活。ルームの食堂のおばちゃん達にお世話になりっぱなしです。生活そのものは競馬に集中出来ているだけに、それを結果に結びつけられたら良いですね!

※次回は6月30日(金)に更新予定です!

▲柴山雄一騎手に函館開催のポイントをインタビュー!クリック⇒