NHKマイルCに登録していたエトルディーニュはまさかの除外。3頭中1頭だけが除外対象で、まさか自分が……。ここのところのめぐり合わせの悪さがここでも出てしまうとはねえ(苦笑)。残念です。除外になって、土曜のプリンシパルSへ臨むことになりますが、3週続けて追い切りにも騎乗させていただいて、活気があって、いい雰囲気。競馬では2戦しか乗ったことがないので未知数も、どちらかと言えば、左回りの方が足捌きはスムーズな気もするんです。強い相手と戦ってきたキャリアをここで活かしてほしいですね。

柴山雄一

▲1勝馬ではあるが強豪たちと戦ってきたエトルディーニュ

その他の馬では、土曜東京1Rのマヴィア、2Rのガレットショコラ、3Rのトミケンボハテルですね(いずれも3歳未勝利)。マヴィアは前回、ゲートを出てくれなくて後ろからの競馬にはなったのですが、それでも盛り返してくれました。コース替わりがどう出るかは未知数ですが、少しずつ経験を積んでほしいですね。

2Rのガレットショコラは前走も相手が悪かったですからね。直に順番が回ってきておかしくないです。3Rのトミケンボハテルは前走がまだ一本追い足りないような雰囲気。新馬2着の能力を見直したいですね。

日曜1R(3歳未勝利)のサクラサクコロはダート替わりがプラスに出てくれたらと思うところ。適性はあると思いますよ。

先週のレース回顧もさせていただくと、悪くない競馬は出来ていると思うのですが、なかなか勝ち星に見放されていますね……。まず、キュイキュイはやはり一生懸命なところが出てしまいました。コース的にも厳しい条件だったと思いますし、外枠で前に壁が作れず、苦しい競馬になってしまいました。

ラベンダーヴァレイはマイナス体重も返し馬では気になりませんでした。こちらも同じく前に壁が作れず、道中で伸び切って走らせてしまった分、ダラダラとした脚になってしまいましたね……。

サウンドメモリーは惜しい結果でした。一旦切り返すロスさえなければ、といったところです。惜しいといえば、ラーナアズーラも言えますね。以前よりもずいぶん成長していると感じましたよ。

メリートーンは結果的にかなり前が崩れるペース。それもプラスに働いたと思いますが、前走から進歩して、クラスにメドを立ててくれたことは何よりです。

エグジットラックはこのクラスでもやれるモノは持っているのですが、課題の精神面が出てしまいましたね。走る時と走らない時の差がものすごくあるタイプです。相手もいいメンバーだったのですが、とにかく力を出してくれたら、という思いです。

柴山雄一

青葉賞(G2)のサーレンブラントはすごい馬ですね。ただ、終始掛かり通し。まだ身体、特にトモに緩さがあってハミに頼ろうとする分、余計に引っかかっていました。気持ちと身体のバランスがとれるにはまだ時間が掛かるとは思うのですが、現状でこれくらい走れるとはね。ひとまず、今の時点では中山ですと、コーナーから押し上げていってもトモの踏ん張りもきかないでしょうし、加速しきれないイメージ。今ならば、東京の方が良いでしょうね。そういう点からも東京の方が成績は良いのかもしれません。

さて、読者の方から「ココ最近、強風のレースが多いですが、レースに影響するものでしょうか?」という質問を頂きました。確かにそれはあると思いますね。詳しくないですが、競輪でも風を計算するように風が強すぎると影響はあるでしょう。馬格の大小などは気になりませんが、ハナでは競馬はし辛いですし、馬の気性よりけりなところはありますね。気の悪い馬などは嫌がるかもしれませんね。

※次回は5月12日(金)に更新予定です!