怪物フランケルの娘・ミスエルテの取捨は!?

POG実行委員長Y(以下Y):それにしても先週の阪神JFはソウルスターリングリスグラシューの2頭は強かった。

ライター野中(以下野):ソウルスターリングは調整もイマイチだと思いましたが、枠順に恵まれたとはいえ、きっちりと勝利。ただ……。

Y:難癖をつけるところはないでしょう?

野:リスグラシューは出遅れてしまってもったいなかった。ソウルスターリングは距離損なく走っただけにしか見えませんでした。どこかで蹴飛ばす局面は狙いたいと思います。

Y:春のクラシックシーズンになれば結果が出ることだから注目しておくことにしよう。今週は朝日杯FS。ソウルスターリングと同じフランケル産駒のミスエルテが挑戦してきた。

野:露骨な使い分けだとは思いますが(苦笑)。確かに、牡馬路線はパッとしないかも知れません。だけど、ミスエルテが完勝できるほどかは分からないと思いますよ。少なくとも楽勝してきた相手は疑った方がいい。ファンタジーSはレベルが高いとは言い難いし、先週のレースに出ていても勝っていたかは分からないと思います。

POG

前走はインパクトある勝ち方だったミスエルテだが、過信は禁物!?

Y:指摘通り、時計やラップの裏付けは少ない馬だよね。瞬発力があるのは間違いなさそうだけど……。

野:一応、牡馬の一線級が出ているとすると、2歳牝馬には徐々に不利な時期に差し掛かってきているはず。また、この時期に無理をすると、来春に響く可能性もあるでしょう。新馬や500万特別のパフォーマンスが良かった牝馬が東スポ杯やマイル以上の重賞にチャレンジして結果がイマイチ、というのは珍しくありません。好走しても、ダメージは残る。

Y:ミスエルテの追い切りは良さそうだったけどね。

野:確かに動いていましたよね。頭がやや高いのと掛かりそうな気配は残っていましたが……。牡馬たちが蹴散らしてくれることを祈ります。

Y:頭数も揃ったし逃げ馬も複数いるから、その辺りがどうなるかだね。他の馬はどうなの?

野:騎乗停止、怪我などでの乗り替わりもあって難しいですね。タガノアシュラは枠順を考えると、武豊騎手ですし先手を主張するでしょう。武豊騎手は比較的強気な逃げを打つのでドスローは考えにくい。モンドキャンノにとって1F延長はプラスでないでしょうが、それでも前走はきっちりと差し切っている点は評価しないといけないでしょう。ただ、ルメール騎手でも戸崎騎手でもなくバルザローナ騎手。

Y:ルメール騎手はダンビュライトだもんね。

野:この馬は良馬場でどうなのかなという疑問も残りますからね……。スタミナやパワー勝負になるのであれば浮上するかも知れませんが。良馬場で切れ味向きでは厳しいと思います。

Y:ルーラーシップ産駒は速い脚のある馬が少ないよね。

野:この馬はバランスが取れているのですが、デカイ馬が多くて。ダート向きの馬も多いかも知れませんね。

POG

音無厩舎×松若騎手の師弟コンビで挑むアメリカズカップ

Y:抽選を通ってきたクリアザトラックもそこそこ人気しそうだけど。

野:角居厩舎の13年連続G1勝利もいよいよ赤信号が灯りそうです。デニムアンドルビーが有馬記念に登録していますが、1着はさすがに厳しいとなると、クリアザトラックしかいないのですが……。M.デムーロ騎手が騎乗するように素質はあると思いますが、リオンディーズのように新馬戦からインパクトのある勝ち方でもなかったですしね。

Y:切れるというよりは操作性のしやすい馬という印象だよね。

野:新馬戦で負かしたメンバーも次走以降で苦戦していますし、厳しいと思います。サトノアレスは馬主さんにも厩舎にも勢いがありますが、鞍上が初騎乗となる四位騎手。同厩舎は四位騎手を可愛がっていますが、溜めて後方からの競馬となりそうで……。

Y:結局、テン乗りだと2、3着になってしまいそうだよね。

野:そうなんですよ。今は社台グループ馬がスケジュールをきっちりと管理してデビューさせます。ノーザンFは騎手起用も厳しい。社台F系はノーザンF系ほどではないにせよ、期待馬だったら、騎手起用を含めて継続性があると思うんですよね。

Y:新馬から四位騎手を乗せていても良さそうなのは間違いないと思う。

野:だとしたら、アメリカズカップは面白いかも知れません。このご時勢では珍しく師匠が弟子を乗せ続けています。今まで戦って来たメンバーの問題もありますが、上手く流れに乗れればチャンスはある。

地方出身トラストの底力、巻き返しに期待!

Y:朝日杯とかは若手騎手が活躍してもいいレースだよね。ホープフルSの格が上がり、朝日杯はクラシック云々という馬ばかりでもなさそうだし。しかし、野中君の話を聞いていると朝日杯は大荒れになりそうなんだけど(笑)。何に注目しているの?

野:大外を引いたトラストです。ブラックオニキスあたりに負けているのは気になりますが、輸送なり調整の難しい局面もあったはず。逃げなくても競馬は出来るし、武豊騎手のタガノが強気な競馬をすれば、2、3番手で我慢していればチャンスがありそうです。

Y:東スポ杯はキツイ流れだったもんね。

野:2歳馬にとっては厳しい流れだったでしょう。その中でヨレたし、離されたといっても5着なら粘っているともいえますからね。マイネル軍団系はコスモビューFやビッグレッドF生産馬よりも他の牧場で購入してきた馬の見所が多いので、裏の裏を読んでみました。

Y:読み過ぎじゃないの(笑)。朝日杯以外にも注目馬はいる?

POG

東スポ杯は厳しい流れを先行したトラスト 人気落ちなら狙ってみる価値アリ!

野:当然、日曜阪神5Rのサトノクロニクルでしょうね。ディープ産駒ではなくハーツ産駒ですが、セレクトセールで9072万円(税込)と評判の高かった馬。池江調教師は素直な方で追い切り後に強気なコメントが出ていれば安心してもいいでしょうね。

Y:トゥザクラウンの時は、追い切りした途端に「上と比べてはかわいそう」だったもんね。

野:それが今回は「ハーツ(クライ)の代表産駒になって欲しい」なので期待度は高いはず。追い切り後に語ることが重要ですよ!「ある意味化け物」といった某馬は順調さを欠きましたし。

Y:必ず最後に余計な(?)一言を入れるんだね。

野:ただ、ルメール騎手ではないというのは少し気になりますけどね。

Y:ルメール騎手はノルマンディーRのプラチナムバレットか。

野:牡馬が手薄なら非社台グループにも頑張って欲しいと思います。

Y:来週はいよいよホープフルS。16年も終了だ。年明けもまだあきらめていない社台グループ系は多いみたいだし、年末年始もよろしくね。