週末は関西方面で雪予報…好走のカギは重馬場の巧拙!

ライター野中(以下野):変則開催がようやく終わったかと思ったのですが……。

POG実行委員長(以下Y):土曜日は中京が雪予報で、京都は土曜日から日曜日にかけてが危ないのか~。

野:さすがに、ここで月曜日とかにスライドするのは勘弁して欲しいですが……。

Y:実際、新馬戦なんて一番、影響を受けそうだもんね。

野:馬は寒さに強いのは間違いありませんが、泥がハネてくるのが嫌だったり、雨や雪が体にあたるのが嫌という気性の馬も少なくありませんからね。また、変則開催に加え芝のレースが少ないこともあり、京都日曜6Rでは11頭が除外。

Y:2度除外を喰らった馬もいて体調維持が難しそうだ。

野:それでいて良馬場は見込めませんからね。シンザン記念も道悪の適性が明暗を分けました。やはり、ディープインパクト産駒は苦戦しますよね。あーなると。

Y:アルアインは前走も重で勝利していたし、ドバイマジェスティの系統は重馬場が得意そうだと見ていたけどね……。

野:前走で2着に負かしたキョウヘイが勝利していることを考えると、上位に来て欲しかった気もしますが、前走よりも馬場が悪化していたし、本質的な道悪適性の差が出たとしかいえないですね。

POG

道悪の中、馬場中央を突き抜けたキョウヘイ 今週も馬場悪化は避けられないか?

Y:今週も京都は難しそうだね。

野:土曜京都9R白梅賞はディープインパクト産駒が3頭出ています。中でもサロニカは人気になりそうですが……。

Y:M.デムーロ騎手は日曜日京都12Rの騎乗を見ていると、道悪での馬場読みはさすがだった。でも、道悪馬場はディープインパクト産駒にとって確かにマイナス材料だね。

野:といっても先週の福寿草特別(芝2000m)に比べると、メンバーの質も落ちている気もするので、ノーチャンスではないと思うのですが。

Y:牡馬がしっかりと結果を出すのか、それともこの世代は全体的に牝馬の方がレベルが高いと言われているような結果になるのかというところだね。今週は京成杯も行なわれるよね。POG的にはこれから春までが勝負。ここの結果がチョコレートの枚数を少なくするからね。

野:超A級は早くとも2月に入ってからの始動ですからね。昨年の京成杯はキャロットFの1~3着と分かりやすかった。賞金を積ませてクラシックレースへの切符を手に入れたいクラブ馬が出て来るイメージでいいのではないでしょうか。

Y:そう指摘されてメンバーを見てみると確かにそんな気もしてきた。G1レーシングはクラシックに出る馬を1頭でも欲しいところ。キャロットFは昨年のように上手くはいかないと思うけど、堀厩舎がわざわざ連闘させてきたバリングラ、関西から遠征してくるガンサリュートと怖い馬たちが揃った。

野:G1レーシングのサーベラージュ辺りは柴山騎手も力が入るところでしょう。この数年間、1月の関東にはFベリー騎手が来日していました。17年から短期免許取得の要件が厳しくなったので現段階では来日できず。当然、社台系の馬に乗る率も多く割を食っていた柴山騎手辺りは力が入るでしょう。ムーア騎手が乗った馬ということを考えれば、当然、質も高いはず。

Y:ホープフルSもレイデオロ以外のメンバーは疑問符もつくし、新馬を勝ったばかりでも怖いだろうね。

野:また、今の中山は差し傾向です。となると、非社台系のコマノインパルス辺りは展開次第で上位必至でしょう。

Y:その辺りが勝利すると、POG的には被害者が少なくなるんで応援するよ(笑)。

野:日曜京都10Rの紅梅Sもそこそこのメンバーが揃いました。エントリーチケット、血統的評価の高いオンリートゥモロー、2勝を挙げているビーカーリー、初戦は完勝だったラプソディーアといったとこです。

Y:牝馬は次々に出てくるね。

野:でも、ここで勝ち負けになってようやくフィリーズレビューで2、3着という感じかも知れませんね。アリンナ辺りも巻き返しがあっても不思議はない。後は天候との戦いでしょう(苦笑)。

POG

サーベラージュは新馬戦を3馬身半差の快勝 重賞でも好勝負に期待

いぶし銀・岡田祥嗣騎手騎乗のマテンロウオスカーに注目!

Y:他に注目レースはある?

野:日曜中京5Rの新馬戦に出走するマテンロウオスカーですね。

Y:中京の2000m戦か。

野:中間に岡田騎手も調教をつけていますし、寺田オーナーのノーザンF系の期待馬は藤原英厩舎です。初戦から仕上げてはこないと思いますが、時期を考えればそう悠長なこともいっていられません。岡田騎手が調教をつけている“岡田仕上げ”ですし、(確実に癖が分かっている騎手が乗れるという)代打的役回りということを考えると、注目したい馬ですよ。

Y:最近、岡田騎手もノーザンF系の馬でポツポツ勝つもんね。

野:JRA移籍後目立つ数字ではありませんが、いぶし銀的な存在であるのは間違いなく、人気薄を好走させたりするのはお手の物。必殺仕事人的な騎手なのは確かでしょう。昨年挙げた7勝は自己ベスト。

Y:なるほど、藤原英厩舎の戦略などを考えると、狙えるんだね。

野:わざわざローカルを使うというのがポイントのような気もします。天気も考えての(日曜中京なら開催されるはず)、出走と読みました。

Y:相変わらず裏を読もうとするね(苦笑)。ただ、お正月競馬の延長線上にあるのは間違いない。そういった読みが当てはまりやすい時期でもあるよね。

野:後は無事に開催が延びずにということをお祈りしたいです。

Y:ようやく落ち着いた矢先だしね。開催が延びると調教日程もズレるから大変だ。来週も無事に報告を待っているよ!

POG

昨秋、藤原英厩舎×岡田騎手のコンビで新馬勝ちしたコーカス