びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

機密データファイル

過去10年攻略データ

牝馬クラシック第2戦の舞台は東京芝2400m。桜花賞から一気に800mの距離延長となり、近年は桜花賞上位組でも距離適性を考慮してNHKマイルCへ向かう馬もいるが、多くは牝馬同士の戦い、クラシックレースにこだわってこちらを選択してくる。今年は適性はNHKマイルCにあると思われた桜花賞馬レーヌミノルが堂々と参戦。桜花賞とは違った趣の一戦・オークスをデータから占ってみる。
2010年はアパパネとサンテミリオンが同着で優勝。過去10年の勝ち馬は11頭、2着馬は9頭となる。

桜花賞からの直行組が8勝!

[前走レース]桜花賞からの直行組が過去10年で8勝。完成度が求められるレースで、大舞台での経験が生きているといえよう。
馬券絡みがあるローテーションはわずか5レースで、桜花賞当日に行われる忘れな草賞組が2勝。フローラS組は勝ち馬こそ1頭しか出ていないが、2~3着はそれぞれ4頭出ていて、近年はこの組の圏内突入が増えている。また、条件クラスから本番で馬券絡みを果たした馬は過去10年で1頭もいない。

前走レース別成績
レース名 成績 勝率 連対率 複勝率
桜花賞8-5-4-649.9%16.0%21.0%
忘れな草賞2-0-0-918.2%18.2%18.2%
フローラS1-4-4-322.4%12.2%22.0%
スイートピーS0-0-1-240.0%0.0%4.0%
皐月賞0-0-1-00.0%0.0%100.0%

前走着順別成績
前走着順 着別度数
前走1着6-3-2-39
前走2着1-4-5-16
前走3着1-1-1-15
前走4着1-0-0-11
前走5着0-0-1-10
前走6~9着1-1-0-25
前走10着~1-0-1-32

過去10年注目データ

[キャリア]キャリア数別では、5~6戦の馬が3勝ずつ、4戦の馬が3勝。3着は7戦の馬が豊富なキャリアを生かして4頭いる。勝ち馬の最多キャリアは11年エリンコートの8戦。馬券圏内の最多キャリアは07年の3着馬ラブカーナの11戦。全体を通してみると、早めに賞金を確保して王道ローテを歩んでいる馬が好成績を残している傾向が強い。

[前走着順]過去10年、11頭の勝ち馬のうち6頭が本番でも連勝。前走2着馬の勝利が久しくなかったが、昨年は桜花賞2着のシンハライトが勝った。勝利数は劣るが、連対率、複勝率では前走1着を上回っている。
前走6着以下から連対した馬は4頭いるが、全て重賞勝ち馬で、大きな着順から巻き返してくるには相当な底力が必要となる。

[枠順]過去10年、枠番別で連対馬が出ていないのは6枠だが、両隣の5枠が2勝、2着2回、7枠が2勝、2着3回と好成績を残しているのが面白い。最もいい数字は2枠の3勝で、8枠も2勝している。
馬番別では「3」が2勝、2~3着各1回。「1」「8」「11」「16」が馬券絡みゼロとなっている。

[脚質]差し馬が圧倒的に有利なレースで、4角4番手以内の積極策で押し切った馬は1頭もおらず、唯一の連対はは11年にハナを切ったピュアブリーゼの2着。
ほとんどの馬が初めての距離で、道中ロスなく少しでも脚を溜めたいという思惑が働くのか、4角8番手以下からの差しが8勝。長くいい脚を使える馬が好成績を残している。

上位人気馬は高い信頼度

入着馬の人気は広いレンジとなっていて、1番人気でも3勝と意外に少ない。ちなみにその3頭はブエナビスタ、アパパネの桜花賞馬とハナ差桜花賞2着のシンハライト。連対率、複勝率を見ると、5番人気までの上位人気馬は高い信頼度を誇る。
人気面での注目はフローラS2~3着で権利を獲った馬で、別路線ということから実力より美味しい人気となっていることが多い。

人気順別成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気3-3-1-330.0%60.0%70.0%
2番人気1-3-1-510.0%40.0%50.0%
3番人気2-0-1-720.0%20.0%30.0%
4番人気1-0-1-810.0%10.0%20.0%
5番人気2-1-2-520.0%30.0%50.0%
6~9番人気2-1-4-335.0%7.5%17.5%
10番人気~0-1-0-870.0%1.1%1.1%

プラスαデータ

『西高東低』も近年は関東馬が反撃


過去10年のトータルでは関西馬8勝、関東馬3勝。ジョッキーも栗東所属が8勝と『西高東低』なのだが、近年は関東馬が4年連続で連対し、複勝圏では2010年以降、毎年関東馬が1頭は名を連ねている。アベレージでは少し劣るが、2着の回数は美浦所属のジョッキーが6回とリード。3着は5回ずつでイーブンの成績を残している。

[乗り替わり]乗り替わりは大きなマイナスで、勝ったのは12年の3冠牝馬ジェンティルドンナのみ。2着もわずか2回しかない。
3歳春のクラシックレースは総じて乗り替わりはマイナスとなっているが、牝馬には過酷な2400mで争われるレースとあって、ジョッキーとのコミュニケーションがより必要というのがデータから現れている。

[騎手のコース実績]過去3年、東京芝2400mで最も多くの勝鞍を挙げているのは戸崎騎手の14勝で、2位の蛯名、北村宏騎手(7勝)にダブルスコアの大差を付けている。戸崎騎手は単勝回収率でも131%のハイアベレージを残しており、オークスは2年連続2着。ただし、重賞での馬券絡みはそのオークス2回だけで、条件クラスが稼ぎどころとなっている。
栗東所属ではC.ルメール騎手が4勝、M.デムーロ、岩田、池添騎手がそれぞれ3勝。池添騎手は7回の騎乗で5回の馬券絡み。そのうち2勝がG1で、大一番に強いイメージ通りの成績を残している。

[馬体重]馬体重別で見ると、460~479キロの馬が5勝、440~459キロの馬が4勝、連対率、複勝率で見れば比較的小柄な420~439キロの馬も数字は悪くない。昨年は416キロのビッシュが420キロを切る馬では過去10年で初めて3着に入った。
前走からの増減では絞ってきた馬よりも増やしてきた馬の方が成績はいい。

[種牡馬]桜花賞同様、ディープインパクト産駒の成績が非常に良く、現在2連覇中で、2世代目から5年連続で連対馬を送り出している。
その他ではキングカメハメハ、ゼンノロブロイ、マンハッタンカフェが3着以内の馬を複数輩出。勝ち馬の種牡馬を見ても長い距離で活躍馬を送り出している馬が多く顔を出している。

データの決断

NHKマイルCでも牝馬がワン・ツー・フィニッシュを決めるなど、レベルが高いといわれる今年の牝馬3歳世代。ただし、圧倒的なパフォーマンスで無傷の4連勝を果たしていたソウルスターリングが桜花賞で3着に敗れ、2番人気だったアドマイヤミヤビは12着の大敗。皐月賞で1番人気に支持(7着)され、次走の動向が注目されていたファンディーナは秋まで休養と、トップを走っていた馬の連勝が止まったことで、にわかに混戦ムードが漂ってきた。そんな中、データから推奨したいのは桜花賞2着のリスグラシュー。前走で勝っていればなお良かったが、キャリア、ローテーション、脚質が過去の好走馬に当てはまり、データからの死角は少ない。馬体重が440キロを超えてくれば更に期待は高まる。