競馬予想に役立つ生きた情報が全て無料!びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram
  • line
新規会員登録

PR

  • うまスク
競馬ラボ公式ツイッター

 【アイビスSD】資金10倍の単複1点を血統スナイパーがズバリ指名⇒

トピックスTopics

黄金船は沈まない 名手に導かれゴールドシップが復権!G1・5勝目!

トピックス

G1勝利数、総獲得賞金は歴代トップに登りつめたゴールドシップ

14年6月29日(日)、3回阪神8日目11Rで第55回 宝塚記念(GⅠ)(芝2200m)が行なわれ、横山 典弘騎手騎乗の1番人気・ゴールドシップ(牡5、栗東・須貝尚厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:13.9(良)。

2着には3馬身差で9番人気・カレンミロティック(セ6、栗東・平田厩舎)、3着には8番人気・ヴィルシーナ(牝5、栗東・友道厩舎)が続いて入線した。
ゴールドシップと人気を分けあったウインバリアシオン(牡6、栗東・松永昌厩舎)は7着、ジェンティルドンナ(牝5、栗東・石坂厩舎)は9着、メイショウマンボ(牝4、栗東・飯田祐厩舎)は11着に終わっている。

天皇賞のショッキングな敗戦を払拭。ゴールドシップが連覇を決めた。

「ファン投票1位のプレッシャーもあったし、勝ててホッとした。メジロライアンでこのレースに勝てたときと同じくらい嬉しいよ」

中央G1は23勝目となる大ベテランも、胸を撫で下ろすかのように笑みを浮かべた。そのプレッシャーも単なる人気馬でも、G1馬でもない。ゴールドシップだったからこそ、であろう。
前走の天皇賞では枠入りで暴れ、出遅れ。昨秋はまさかのスランプで3連敗。苦難の末に横山典弘騎手へバトンを託された。

「どの馬もそうだけど、初対面で理解し合うのは大変。人同士もそうでしょ。3週間、調教に跨らせてもらい、コミュニケーションを深めた。これまでの成績が示す通り、能力はあるんだし、まともに走れるかに尽きるからね」

関東の大ベテランは3週間にわたり、栗東トレセンに赴き、コンタクトをとることに務めた。調教の段階でも「(馬に)お願いする立場」と語ったように、一筋縄ではいかない様子を感じさせたが、それでも、この中間の過程は実を結んだといえる。

「体調面に関しては良かったと思うし、厩舎スタッフと話し合い、馬の気持ちに配慮してソフトな仕上げをした。少し重いのかなって感じたが、賢い馬だよ。体重が発表になってマイナスって出たとき、そう思ったなぁ。
あれこれ押し付けても言うことを聞くタイプじゃない。こちらからお願いして、でも、好き放題にさせず、レースに向えた。馬場入りで1回、跳んだけど、すぐに立ち止まり、ご機嫌なのかと感じたよ。その場、その場のポイントで首筋に触れたり、対話したりして、馬の気分を探ってみた。そうしたひとつひとつがうまくいったね」


レースではゆったりとゲートを出ると、スタンド前で促されることなく徐々に加速。4番手付近を追走する。直線では他馬が良馬場発表以上に重い馬場に苦しむ中、直線では水を得た魚のごとく、スイスイと脚を伸ばす。終わってみれば、後続を突き放して、3馬身差の圧勝。力の違いをみせつけた。

「ゲートの後ろで嘶いたし、まだ子供っぽいところがある。スタートはやはり速くはなかったが、前目のポジションを取りに行けた。外枠だったのが良かった。下が悪いから、直線もそう伸びている感じはなかったね。こちらは必死。でも、馬はケロっとしていて、最後までしっかり走ってくれたよ」

最高の形で上半期を締めくくったG1・5勝馬。気になるのは今後の動向だろう。既に10月5日の凱旋門賞(G1)に一次登録を済ませているが、「今後に関しては、オーナーと相談してから」と須貝尚介調教師は名言を避けた。

「スタッフがしっかりやった成果。走るのは馬だから、その日によっては気に入らないこともあるだろうが、とにかく無事にいってくれれば。そう願うだけだよ」

横山騎手は締めくくったが、これで芦毛馬としては、自身の母の父であるメジロマックイーンを抜いて、歴代トップのG1勝利数、総獲得賞金数に。芦毛の怪物が遂に海を渡る日が来るのか、今後の動向に目が離せない。


【須貝尚介調教師のコメント】
「宝塚記念の連覇は初とのことだけど、意識はしていなかったよ。この馬の力を発揮させることだけ考えていた。
調教過程から、僕が考えていることと、ノリちゃんの意見が食い違うなど、まったくなかった。ゲートでちゃんと駐立したときに大丈夫だと感じたね。ゴールドシップとノリちゃんが話をしているのが、レース中も伝わってきた。すべての思いが完全に一致。『人馬一体』という言葉を、改めて思い起こされる勝利だったよ。

阪神の馬場も絶好。装鞍所で雨乞いのダンスをしたら、ちょっと降ってくれたしね。ファンの声援もゴールドシップに伝わった。ファン投票してくれたり、応援してもらったことに感謝したい。

今後に関しては、オーナーと相談してから。ストレスがかかる競馬はしていないので、アフターケアも楽だと思うよ。しっかり体調を整え、また強いゴールドシップをお見せしたい」

ゴールドシップ
(牡5、栗東・須貝尚厩舎)
父:ステイゴールド
母:ポイントフラッグ
母父:メジロマックイーン
通算成績:19戦11勝
重賞勝利:
13~14年宝塚記念(G1)
12年有馬記念(G1)
12年菊花賞(G1)
12年皐月賞(G1)
13~14年阪神大賞典(G2)
12年神戸新聞杯(G2)
12年共同通信杯(G3)


みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。

関連記事Related post

  • 関連記事はありません。