amazonギフトカードが当たる日本ダービークイズ

競馬予想に役立つ生きた情報が全て無料!びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram
  • line
新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

 【日本ダービー】血統スナイパーが単独指名→資金10倍にする1点は?

トピックスTopics

落馬の浜中俊騎手は4カ所の骨折と脳しんとうの診断

●2月7日(日) 1回東京4日目11R 第66回 東京新聞杯(G3)(芝1600m)

東京新聞杯で1番人気に推されたダッシングブレイズ(牡4、栗東・吉村厩舎)は最後の直線で競走を中止した。鞍上の浜中俊騎手に導かれ、道中はインに潜り込み、直線でも最内の僅かなスペースをつこうとしたものの、内柵に接触。そのまま馬がバランスを崩して落馬。ジョッキーはラチにぶつかり、コースの内側に投げ出された。

浜中騎手は府中市内の病院へ搬送され、精密検査を受けた結果、脳しんとう、左トウ骨遠位端骨折、左第2指中手骨骨幹部近位骨折、左第4指基節骨基部骨折、左第4指中手骨頚部骨折と診断された。

京都記念のタッチングスピーチ、フェブラリーSのロワジャルダン、高松宮記念のミッキーアイルなど有力馬の騎乗を控えていたが、戦線離脱を余儀なくされそうだ。

なお、浜中騎手には最後の直線コースで、先行馬を追い抜こうとした際に内柵に接触し、騎手がバランスをくずして落馬、競走を中止したため、5万円の過怠金が課されている。

 【ダービーロード】武豊騎手デビュー30周年スペシャルコラボ実施中!

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み1

  • サラさん 手の骨折でしょうか。脳震盪も骨折も心配で 3ヵ月前