競馬予想に役立つ生きた情報が全て無料!びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram
  • line
新規会員登録

PR

  • うまスク
競馬ラボ公式ツイッター

 【アイビスSD】資金10倍の単複1点を血統スナイパーがズバリ指名⇒

トピックスTopics

16年ぶり女性騎手デビューへ 藤田菜七子 「いつかダービーを勝ちたい」

11日、2016年度・新規騎手免許試験合格者が発表された。合格した6人は早ければ3月5日の開催からのデビューとなる。
2016年度新規騎手免許試験合格者一覧はこちら⇒

【菊澤一樹新規騎手のコメント】
(18歳、茨城県出身、美浦・菊澤隆徳厩舎所属)

「父が元騎手だったので競馬を見る機会が多く、父の人馬一体になる姿を見て格好良いと思い、小学校2年生の頃から騎手になりたいと思いました。目標は、横山典弘騎手です。横山騎手の馬に対する姿勢、馬の可能性を広げる騎乗スタイルに憧れています。印象に残っているレースは、ジェンティルドンナが勝った有馬記念です。引退することが決まっているなかで、勝てるのかなと思って見ていましたが、有終の美を飾ったので感動しました。

一鞍一鞍を大切に騎乗して、たくさんの方に認めてもらえるようなジョッキーになりたいです。馬を動かすことには自信があるので、そこを見てもらいたいです。自分のアピールポイントは、いつも笑顔でいることです。勝ちたいレースは、凱旋門賞です。世界の頂点だと思っていますし、そのレースに乗って勝つことを最大目標に頑張っていきたいです」

新人記者会見


【藤田菜七子新規騎手のコメント】
(18歳、茨城県出身、美浦・根本康広厩舎所属)

「小学校6年生のときに、テレビで競馬中継を見てカッコいいと思って騎手を目指しました。目標は、リサ・オールプレス騎手です。たくさんの人に信頼され、愛される騎手になれるように頑張りたいです。好きな馬はダイワスカーレットで、印象に残っているレースは、ウオッカが勝った秋の天皇賞です。ダイワスカーレットは敗れましたが、ウオッカもダイワスカーレットも強いと思いました。

厳しい世界だということは自覚していますが、自分のペースで自分ができることをしっかりやって、先輩たちに早く追いつけるようにしたいです。馬へのあたりが柔らかいところがアピールポイントだと思っています。女性ならではの面を生かしていきたいです。勝ちたいレースは、日本ダービーです。日本の競馬といえば日本ダービーだと思う方が多いですし、そういうレースをいつか勝ちたいです」

新人記者会見


【木幡巧也新規騎手のコメント】
(19歳、茨城県出身、美浦・牧光二厩舎所属)

「小学校4年生の頃から騎手を目指しました。騎手である父の背中を見て育ち、その背中に憧れていて、物心がついたときから騎手になることが夢でした。尊敬するのは父・木幡初広騎手で、目標にしているのは四位洋文騎手です。競馬は魅せるスポーツだと思っているので、四位騎手のように綺麗なフォームで乗れるようになりたいです。

自分は競馬学校に4年間お世話になって、4年目のときは悔しくて情けない気持ちになりましたが、その1年が一番充実していました。学校の先生や所属の牧先生、両親の支えで4年間頑張ることが出来ました。印象に残っているレースは、オルフェーヴルが勝った有馬記念です。騎手になって、怪物と言われるような馬に乗ってみたいと思いました。

新人らしく、ガムシャラに追うところがアピールポイントだと思っています。馬主や厩舎スタッフに好かれ、気を配ることが出来て、信頼される騎手になりたいです。勝ちたいレースは、日本ダービー、ジャパンカップ、有馬記念です。日本でも賞金の高い3つのレースを勝つことが夢だと思っています」

新人記者会見

新人記者会見

関東からデビューする3人の新人騎手


みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。