amazonギフトカードが当たる日本ダービークイズ

競馬予想に役立つ生きた情報が全て無料!びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram
  • line
新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

 【日本ダービー】血統スナイパーが単独指名→資金10倍にする1点は?

トピックスTopics

【フェブラリーS】新ダート王はモーニン!レコードタイム記録の完勝!

2月21日(日)、1回東京8日目11Rで第33回フェブラリーS(G1)(ダ1600m)が行なわれ、M.デムーロ騎手騎乗の2番人気・モーニン(牡4、栗東・石坂厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:34.0(重)。

2着には1馬身1/4差で1番人気・ノンコノユメ(牡4、美浦・加藤征厩舎)、3着にはアタマ差で7番人気・アスカノロマン(牡5、栗東・川村厩舎)が続いて入線した。

ダッシュよくコーリンベリーが先手をとり、スーサンジョイが2番手に。モンドクラッセやタガノトネールもこの集団に取り付き、これらを見る位置でコパノリッキー、ロワジャルダンがレースを進める。モーニンとベストウォーリアの同じ勝負服2頭が中団やや前目につけ、アスカノロマンは今日は11番手から。ノンコノユメはいつも通りの後方追走。早くからルメール騎手の手が動く。
直線に入るとタガノトネールが手応え良く先頭に立つ。内ではスーサンジョイが抵抗、外からは道中少しずつポジションを上げたモーニンが早くも並びかけ、その更に外からロワジャルダンも脚を伸ばす。ノンコノユメはなかなか前との差が詰まらずまだ中団。残り200mを切ったところでタガノトネールが脱落し、単独先頭に躍り出たモーニンが一気にリードを広げる。2番手にロワジャルダンが上がるが、その外からベストウォーリアとアスカノロマンが追い上げてここは混戦。更にその外から、ようやくいつものような末脚でノンコノユメが一気に追い込んで2番手まで浮上するも、前を行くモーニンとの差は詰まることなくゴールとなった。

勝ったモーニンは昨年5月のデビュー戦から破竹の4連勝でオープン入り。5戦目の武蔵野Sでは3着と敗れたものの、今年初戦となった根岸Sを快勝しここに駒を進めてきた。ダート戦では史上最速となるキャリア7戦目でのG1初挑戦で戴冠を果たした。走破タイムの1:34.0は14年にトロワボヌールが記録したレコードタイムを0.1秒更新するコースレコード。接戦となった2着争いに1馬身以上の決定的な差をつけての勝利で、名実共に新たなダート王として君臨していくこととなる。
馬主は馬場幸夫氏、生産者は米のEmpireEquines,LLC。馬名の意味由来は「ジャズの曲名」。

フェブラリーSの結果・払戻金はコチラ⇒

モーニン
(牡4、栗東・石坂厩舎)
父:Henny Hughes
母:Giggly
母父:Distorted Humor
通算成績:7戦6勝
重賞勝利:
16年フェブラリーS(G1)
16年根岸S(G3)

モーニン

モーニン

モーニン

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

 【ダービーロード】武豊騎手デビュー30周年スペシャルコラボ実施中!

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み1

  • 馬耳東風さん 『アイシテルダヨ~♪』 いい人だ(笑) 3ヵ月前