競馬予想に役立つ生きた情報が全て無料!びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram
  • line
新規会員登録

PR

  • うまスク
競馬ラボ公式ツイッター

 【アイビスSD】資金10倍の単複1点を血統スナイパーがズバリ指名⇒

トピックスTopics

モーニンわずか7戦目で登りつめた頂点 石坂師「力があると再認識した」

●2月21日(日) 1回東京8日目11R 第33回フェブラリーS(G1)(ダ1600m)

1:34.0というレコードタイムを残し、初のG1挑戦で勝利をおさめたモーニン(牡4、栗東・石坂厩舎)。デビューは昨年5月、そこから1年と経たない内にダート界の頂点まで登りつめた。

「G1はいつも勝ちたい。今年最初のG1に勝ててとてもうれしい」と笑顔のM.デムーロ騎手。昨年、何度もこのジョッキーのインタビューを見てきたものだ。「きょうの調子はすごく良かった。先生から『出していけばスピードに乗れる。賢い馬だよ』って聞いていた。そのとおりだったね。先頭に立ったら物見をして、『ノンコノユメが来る』と心配したけど、余裕を持って勝てたよ」と話す。「まだ良くなるしどんな競馬もできる。乗りやすいし、クレバー。1400m、1600mがベストで、それ以上に延びたらわからないけど、どんな走りをするか見てみたい」と、まだまだ若い4歳馬への期待は膨らんでいくばかりだ。

「思ったより後ろの位置になりましたが、長手綱で折り合っていましたので、大丈夫だと見ましたよ。これまでのイメージと違いラスト1ハロンですばらしい瞬発力。新しい面を見せましたね。力があると再認識しました。ほんと良かったです」と、管理する石坂正調教師も愛馬の想像以上の実力を改めて評価した。

師にとっては期待の大きい馬であったが、キャリア7戦でのG1制覇。過去に管理したダート王の名も引き合いに出てくる。「2歳の春に出会ったときから、能力を見込んでいました。ただ大型で緩く、良くなるのに時間がかかるだろうと想像しましたね。それが、とんとん拍子に出世。すごい馬です。現時点で頂点に立てましたが、ヴァーミリアンと個性が異なり、スピードを兼備しています。もともと短いところがいいと思っていましたが、距離もこなせそうですね。選択肢が広がったとはいえ、目指す舞台は少ないことですし、今後のローテーションはよく考え、決めたいと思います」と今後は距離延長も視野に入ってくる。

モーニン

モーニン

モーニン

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。