競馬予想に役立つ生きた情報が全て無料!びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram
  • line
新規会員登録

PR

  • うまスク
競馬ラボ公式ツイッター

 【アイビスSD】資金10倍の単複1点を血統スナイパーがズバリ指名⇒

トピックスTopics

【UAEダービー】武豊ラニが見事V!ケンタッキーダービー参戦へ意欲!

3月26日(土)、アラブ首長国連邦・ドバイのメイダン競馬場でUAEダービー(G2)(3歳 1着賞金:120万米ドル ダート1900m)が行われ、 日本からは武豊騎手ラニ(牡3、栗東・松永幹厩舎)、J.モレイラ騎手ユウチェンジ(牡3、栗東・森厩舎)、M.デムーロ騎手オンザロックス(牡3、栗東・森厩舎)が出走。ラニが日本調教馬として初めて同レースを制した。勝ちタイムは1.58.42。

ラニはゲートでつまづき、最後方からのレースとなったが、道中で思い切ってマクり先頭集団へ。ユウチェンジ、ヴェイルドリと並んで最終コーナーを回ると、直線で一旦はユウチェンジに離されたが、そこから盛り返す。後方からポーラーリバーも差して来たが、しぶとく振り切った。また、道中でハナに立ち、終盤まで先頭を守っていたユウチェンジが3着に粘り込んでいる。
2着は大手ブックメーカーでは1番人気に支持されていたポーラーリバー(牝3、UAE・D.ワトソン厩舎)だが、道中で最後方まで後退するも、直線で挽回し2着に浮上。オンザロックスは5着だった。

勝ったラニは前走のヒヤシンスSでは5着に敗れていたが、未勝利、カトレア賞と大味な競馬で2連勝。戦前から陣営はここを勝てば5月7日(日)にアメリカのチャーチルダウンズ競馬場で行われるケンタッキーダービー(G1)の参戦プランを掲げていたが、レース後も関係者、武豊騎手が改めて遠征の意思を表明した。
管理する松永幹夫調教師は「スタートで躓いてドキッとしましたが、ジョッキーが上手く乗ってくれました。道中で動いた時もいつものラニの競馬かと思っていましたが、4コーナーの手応えがあやしかったので、心配しながら観ていました。それでも、いつも最後にジリジリと脚を使う馬なので、よく差してくれました」とレースを振り返った。また、武豊騎手も「(ゲートで躓いたが)道中はいい感じでした。状態は最高に良かったから期待していましたよ」と会心の勝利に笑顔がこぼれた。

母は天皇賞(秋)を制したヘヴンリーロマンスで、兄アウォーディー、姉アムールヴリエに続き重賞ウィナーの仲間入りとなった。馬主は前田葉子氏、生産者はアメリカのNorth Hills Co. Limited。馬名の意味由来は「天国、天空(ハワイ語)」。

ラニ
(牡3、栗東・松永幹厩舎)
父:Tapit
母:Heavenly Romance
母父:Sunday Silence
通算成績:6戦3勝
重賞制覇:
16年UAEダービー(G2)

ラニ

ラニ

ラニ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。