【高松宮記念】大本命不在の春のスプリント王決定戦 その見どころは?

高松宮記念

ゲンのいい舞台でレッドファルクスが秋春スプリントG1連覇を狙う


3月26日(日)、中京競馬場で行われる第47回 高松宮記念(G1)(4歳上 国際 指定 定量 芝1200m)の特別登録馬21頭が発表された。

昨年の覇者ビッグアーサーは体調が整わずに出走を見送り、2着ミッキーアイル、3着アルビアーノは引退。となれば、昨年のスプリンターズSを制したレッドファルクス(牡6、美浦・尾関厩舎)が断然の主役といってもいいだろう。中京コースは昨夏のCBC賞で上がり32.7秒の強烈な決め手を繰り出して勝ったゲンのいいコース。暮れの香港スプリント12着からの仕切り直しには格好の舞台だ。

4歳のシュウジ(牡4、栗東・須貝尚厩舎)はデビューから3連勝で小倉2歳Sを勝つなど、早くから活躍していたスピード馬。前走の阪急杯こそ8着と崩れてしまったが、スプリンターズSではレッドファルクスと0.1秒差の4着と好走しており、王座奪取のシーンがあっても何ら不思議ではない。

G1初挑戦となるメラグラーナ(牝5、栗東・池添学厩舎)はラピスラズリS、オーシャンSと2連勝。昨年夏からグングン力を付けて、近5戦で4勝と勢いは十分。条件戦ながら中京では上がり33.1秒の末脚で差し切ったこともあり、3連勝で頂点に上り詰めることが出来るか。

一昨年の桜花賞馬レッツゴードンキ(牝5、栗東・梅田智厩舎)は前走の京都牝馬Sで桜花賞以来の復活星を挙げた。2度のスプリントG1では結果が出ていないが、昨年のスプリンターズSでは9着ながら0.2秒差まで迫っている。

昨年のスプリンターズS3着馬ソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島厩舎)、前哨戦好走のトーキングドラム(牡7、美浦・斎藤誠厩舎)、セイウンコウセイ(牡4、美浦・上原厩舎)、ナックビーナス(牝4、美浦・杉浦厩舎)らの新興勢力がどんなパフォーマンスを見せてくれるのかも楽しみなところだ。登録馬は以下のとおり。


  • 【優先出走馬】
  • トーキングドラム 57 藤岡康
  • メラグラーナ 55 戸崎

  • 【収得賞金順】
  • レッドファルクス 57 M.デムーロ
  • レッツゴードンキ 55 岩田
  • シュウジ 57 川田
  • スノードラゴン 57 大野
  • フィエロ 57 内田博

  • ナックビーナス 55 石川裕
  • セイウンコウセイ 57 幸
  • レッドアリオン 57 菱田
  • ソルヴェイグ 55 田辺
  • ラインスピリット 57 森一

  • バクシンテイオー 57 A.シュタルケ
  • ワンスインナムーン 55 石橋脩
  • クリスマス 55 藤岡佑
  • トウショウピスト 57 吉田豊
  • ティーハーフ 57 ○○

  • ヒルノデイバロー 57 四位

  • 【以下、除外対象馬】
  • ナガラオリオン 57 ○○
  • ブラヴィッシモ 57 ○○
  • オメガヴェンデッタ 57 ○○

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み1

  • タウンさん レッドアリオン……菱田って… この子は 3ヵ月前