びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

古川幸弘の穴ズバ!

関西馬相手に逃げ込みを図る!

土曜穴ズバ

どうも!美浦の古川です。

今週から東京競馬場では5週連続開催となり大いに盛り上がるだろうが、今週「穴ズバッ」で狙うのはその裏の新潟開催。そして土曜は障害戦を取り上げる。

新潟4R・障害未勝利の⑩デュアルメジャー(セ5、美浦・黒岩厩舎)は前走の初障害戦で大逃げを打ち見せ場タップリだった。直線で一杯となったが掲示板は確保しており、鞍上の草野騎手も「馬に任せて任せるままに逃げてしまったが、もっと我慢させていたら粘り込めたかも」と悔しがっていた。

その後は疲れが出たため放牧に出たが、リフレッシュして帰厩。稽古では行きたがるところを見せていたが動きは良く、陣営は「飛越は上手いので、あとは折り合いだけ。大分落ち着きは出ているので、道中我慢できるようなら上位争い可能」と前進を期待している。

鞍上の草野は真面目な性格で、2度目となる今回はどう乗るか研究済み。「ペースを落として乗れれば好勝負になっていい」と気合い十分で、印が集まる関西馬相手に逃げ込みを図りそうだ。

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ