LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

古川幸弘の穴ズバ!

久々でも差し切れる!

土曜穴ズバ

どうも!美浦の古川です。

G1週の東京開催は関西馬が多く出走し、特に東京コース特有の「ダ2100m」という条件には関西馬が集中する。先週日曜の東京10RブリリアントSには全出走馬16頭中11頭が関西馬で掲示板を独占した。またこの条件以外にも関西馬が出走して上位を占める事がよくあるので、関西馬のチェックもシッカリとしていきたい。

さて、土曜「穴ズバッ!」で取り上げる東京12R・4歳上1000万下にも4頭の関西馬が出走するが、ここでは関東馬の方が能力上位で、その中でも⑥アルファアリエス(牡6、美浦・小西厩舎)を狙ってみたい。

爪に不安があるため休み休みしか使えず、今回も半年ぶりの実戦。それでも帰厩後の乗り込み量は豊富で、馬体もスッキリとしている。厩舎は「6歳馬だけど使い込んでいない分、肉体は若々しいし、まだまだ成長が窺える。休養前の競馬も良かったし、前崩れの展開になってくれれば楽しみはある」と色気タップリ。

前走の京都遠征は、掲示板に載った5頭が0秒1差の大接戦で、関西馬相手の④着は評価できる。脚質的に展開に左右されるタイプだが、直線の長い東京で持ち味の末脚を発揮できれば差し切る場面まで想像できる。

バックナンバーbucknumber

一覧へ