びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

コースデータ

阪神競馬場 ダート2000m
阪神競馬場

コース攻略検証・見解

2006年12月のコース改修とともに新設されたJRA初のダート2000m。ドバイワールドC、ケンタッキーダービー、ブリーダーズCクラシックと世界の主要G1が行われている距離で、今後ますます注目度が上がっていきそうだ。

スタート地点は内回りの4コーナーポケットからで、芝スタート。芝部分はさほど長くないので、純粋なダート馬がここで遅れを取ることは考えなくて良い。1コーナーまでの距離は503m。途中にゴール前の急坂があるが、テン3Fは35秒台後半と、2000mの距離を考えればかなり速い。

ただ、その後は一旦ペースがガクンと落ち、オープンクラスでも必ず13秒台、場合によっては14秒台のラップが刻まれ、結果的に前半1000mの通過タイムは遅くなる。そのため、比較的上がりが速く、ダート戦では珍しく、上級条件で後傾ラップとなる。逃げ切りは少ないが、好位で流れに乗ることができる先行馬が有利。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス レース数 1着タイム 前5F 後5F 1上り R3F差 1-3着逃 先行 差し 追込
3歳 未勝利 7 2.05.8 62.1 63.8 37.8 2.7 2 13 5 1
古馬 500万 21 2.05.9 62.8 63.1 37.3 1.8 5 31 22 5
1000万 17 2.04.8 62.0 62.9 36.9 1.8 6 27 16 2
1600万 6 2.03.9 61.5 62.5 37.1 2.1 2 6 8 2
OPEN 16 2.03.6 61.9 61.7 36.3 1.1 3 28 14 3
集計は2011年~16年3回阪神 「1上り」は、勝ち馬の平均上り3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

~POINT~
・テン3ハロンがかなり速く、逃げ切りは難しい
・好位で流れに乗れる先行馬が強い

~特注種牡馬~
勝利数トップ=キングカメハメハ6-5-5-58/74)
勝率8.1%、連対率14.9%、複勝率21.6% 単回値40、複回値50

高連対率=ゼンノロブロイ(5-5-2-18/30)
勝率16.7%、連対率33.3%、複勝率40.0%、単回値127、複回値99

好単勝回収値=シンボリクリスエス(4-5-5-32/46)
勝率8.7%、連対率19.6%、複勝率30.4%、単回値190、複回値135

シリウスS

▲2015年のシリウスSはアウォーディーがV!力を要すパサパサの馬場を物ともしなかった

阪神競馬場

阪神競馬場
芝コース
ダートコース