びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

坂路王

キャンベルジュニア、能力発揮で力を示す!

業界最速トレセン直送ナマ情報

今週の競馬は変則3日間開催。中山は土曜はレースがなく、日曜月曜に開催される。

今週の美浦坂路は少し時計がかかるコンディションとなった。
50秒台が3本、51秒台が2本、終い1F11秒台が1本(水曜追い切り)。
先週の美浦坂路組連対10頭。今週はこの変則開催がどう出るか…。

それでは、注目馬を伝えるね。


まず今週のイチオシは、日曜中山9R 幕張S(芝1600m)に出走するキャンベルジュニア

攻め馬は、2/26が、57.2-42.6-13.0。
3/2は南Wで、68.0-53.5-38.9-13.0。
5日は、56.1-40.8-13.0。
9日は南Wで、82.3-67.0-52.5-37.5-12.0。
12日は、55.9-41.2-12.9。
16日は南Wで、69.0-53.9-39.1-12.6(馬なり)。スウィフトレイド(古1600万)一杯を1馬身追走~1/2馬身先着
前2走は、それぞれ3ヵ月、5ヵ月の休み明けながら3着,2着と力を見せた。そして今回もまた少し間隔が空いたが、入念に乗り込まれて力を出せる好状態に仕上がっている。
4走前に現級を勝った時の勝ちっぷりが鮮やかで、能力上位は明らかだ。距離延長は好材料で、自在性があるのも強み。そして中山実績もあり、中心視できる。
相手はストーミーシーチャンピオンルパンドーヴァーバイガエシティーエスネオピンストライプ


2頭目の注目馬は、月曜中山3R 3歳未勝利(ダ1200m)に出走するメリークン

先週レースを使う予定で、先週の時点でもうすっかり態勢は整っていた。
攻め馬は、2/16が54.6-36.8-12.7。
22日は、52.9-38.7-12.8。
3/1は、52.1-38.3-12.9。
8日は、52.1-38.0-12.2。
16日は、54.2-40.3-12.7(馬なり)。
前走はタイム差なしの惜しい内容だったが、中間から好時計を連発とさらに調子を上げてきた。坂路2本追いでしっかりと乗り込まれ、最終追い切りでは吉田豊Jが自ら手綱を取る入念ぶり。
中山ダ1200mはピッタリで、このクラスはいつ勝ち上がっても不思議ではない。先行力は一枚上、発馬五分ならチャンスは大きい。
相手はバナナボートディスカバーディアヴイーバルリトルレグルスキャプテンハウテンワッハッハ


3頭目の注目馬は、月曜中山6R 3歳未勝利・牝(芝1800m)に出走するラグナアズーラ

攻め馬は、3/3が、51.9-38.2-12.6。
8日は、51.7-37.9-12.1。
12日は南Wで、55.0-40.1-13.0。
16日も南Wで、54.8-39.5-13.0(馬なり)。イルフォーコン(古500万)一杯を4馬身追走~併入
デビュー戦の前走は2番人気で8着と案外だったが、一度使われた上積み大きく、前2週、坂路で馬なりで51秒台を連発しており、明らかに動きが良化してきた。
そしてハーツクライ産駒で距離延長は好材料、今度は能力を発揮できるだろう。
相手はウインクバッククリュティエグラスノーブルフレスコパストブリージーメイエスコフィオン


それでは今週はこのへんで、また来週!


バックナンバーbucknumber

一覧へ