びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

りかのスーパーホースを探せ★

GWの締めくくりはNHKマイルC

GWは良い気候が続きますね〜!初日はバーベキューをして浮かれていたのですが、翌日から娘が高熱でダウン。看病に明け暮れ、私も風邪を引きました。初日以外は安静のGWとなりそうです。ベッドで横になっていても、競馬はできるので有難いです(本当は休んだ方がいいですね笑)。皆さんはゆっくり過ごせましたか?今週もG1です。張り切って行きましょうー!!

①モンドキャンノ

まず、前走のスプリングSは⑩着ですが、休み明けでしたし、初めての中山コースでしたので思い切って度外視したいと思います。注目したいレースは、当レースと同じ東京で走った京王杯2歳S。のちの桜花賞馬・レーヌミノルとゴール前で一騎打ちし、見事に差し切って勝利を収めました。1400m戦でしたが、あれだけ勇ましいゴール前を見れたので、1ハロンの距離延長はなんら問題ないと思えます。その次走のレース・朝日杯FSは僅差②着と実績を重ねました。デビューから2戦が函館で好走している点も、洋芝で逞しいレースをして来たのだろうな〜と底力を感じます。好みの戦歴です!

④カラクレナイ

大接戦となった桜花賞は④着0.2秒差。本命印まで評価を上げたいところですが、過去のレースが全て1400m戦だった点と、桜花賞のゴール前がキツそうに見えた点が気になりました。ゴール前の様子だと、現段階ではさらに激戦になりそうな、東京マイルのG1を勝つのは難しいと考えます。東京コースはまだ走っていないのも不安ありです。ただ、初めてマイルを走った桜花賞は、稍重で時計の掛かる馬場でしたし、後方から来る戦法の馬さんの中では最上位でした。その環境下でよく頑張っていたので、悩んだ末に対抗印を打ちました。

⑯アエロリット

桜花賞は⑤着0.2秒差。最後の直線では、後方から伸びてきたカラクレナイと併せる様にゴールし、善戦しました。東京コースは、クイーンCで②着0.1差と相性が良さそうです。他のレースもそうでしたが、僅差で上位に加わるイメージがある馬さんです。きっと相手なりに走れる馬さんなので、今回も掲示板内は外さないのでは、と睨んでいます(馬券を買う身としては、馬券圏内がいいですが笑)。長距離輸送もない当レースなら、上積みも見込めそうです。

⑮レッドアンシェル

アーリントンCを勝ったのは、のちの皐月賞クビ差の②着馬・ペルシアンナイトで相手が強すぎましたが、当馬もよく頑張っていました。開幕初日+雨のため時計の掛かる馬場を後ろから追い込み、なかなかしぶとかったです。③着以下には1馬身以上差を付けて、ゴール直前は流している様にも見えました。鞍上は福永騎手。近2走は落馬負傷により直前で乗れなかったため、再びG1で指名を貰った今回、このレースにかける想いは強いそう。こういう時の福永騎手はいつもに増して強いです。応援しています!

⑩ディバインコード

橘Sで最後の直線を向いて外に持ち出したとき、他馬と接触したのですが、内に切り替えて差し切り勝ち。レースセンスの高さを感じました。

押さえの△は⑧タイムトリップ。2走前のクロッカスSは、初めて後方からの競馬となりましたが強い勝ち方。外から来てまとめて他馬を交わしました。東京1400mでしたが、あの勢いなら1600mもこなせます。

やはり難解なレースでした

1着 アエロリット
2着 リエノテソーロ
3着 ボンセルヴィーソ
馬連17,290円 3連単296,160円


本命が⑨着、対抗が⑰着と言い訳のできない着順。内枠からの掲示板は逃げたボンセルヴィーソだけで、微妙に追い込みにくい馬場だったのかもしれません。それにしてもアエロリットは混戦の下馬評を覆すかの快勝。東京コースで真価を発揮というレース振りでした。東京競馬場の連続G1はまだ始まったばかり。気を取り直して、ヴィクトリアマイルで巻き返したいと思います!

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ