LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

りかのスーパーホースを探せ★

牝馬の麗しい強さを見届けたいヴィクトリアM

娘の風邪を貰って早1週間。先週のNHKマイルCのコラムを書いているくらいからですから長引いています。元気なのですが、声がガラガラで話すと笑われます。子供の菌は強いなぁ……。今週のレースは、女子は女子でも大人の女性の戦いです。華やかにそして強く。牝馬の麗しい強さをしっかり見届けたいです!

⑪ミッキークイーン

13年14年はヴィルシーナが。15年16年はストレイトガールが連覇と、近年の当レースは連覇が目立つレース。ということは、コース適性がポイントになるのかなぁと感じます。ならば、昨年②着だったミッキークイーンを選ばずして始まりません!昨年の勝ち馬・ストレイトガールは強すぎましたが、内目からスッと2番手に上がってきた当馬の姿は見応えありました。有馬記念以来3ヶ月半振りの出走となった前走の阪神牝馬Sも快勝。残り200m手前からぐんと加速し、前にいた馬さんたちをまとめて交わします。②着に1 3/4馬身を付け貫禄勝ちでした。ここでも上位必至です!

②スマートレイアー

前走の京都記念は②着。最後の直線で、先に抜け出した勝ち馬サトノクラウンに食らいついて行きますが追い付けずそのままゴール。ただダービー馬・マカヒキに先着できたことは鼻が高いです。気が付いたらスマートレイアーも7歳……。年齢の衰えはないのか心配でしたが、関係者さんいわく「筋肉の衰えもなく気力もある」とのこと。たしかに、近9走は【3 2 1 3】で、④着以下も全て掲示板内に収まっている堅実な戦歴。むしろ充実著しいと思えます。白い馬体をターフで弾ませて欲しいです。

⑦ルージュバック

近5走は牡馬混合レースに出走と男勝りの当馬。前走の金鯱賞(⑧着)もそうでしたが、残念な結果が続いていても、致し方ないと思えます。その中でも4走前の毎日王冠は、紅一点のなか、アンビシャスと併せるようにゴールに向かっていき、クビ差勝利を収めました。その前のエプソムカップも、牡馬と斤量の差はあったにせよ2馬身以上の差を付けて圧勝でした。これで東京1800mは2連勝と相性良いです。牝馬限定戦になれば、今までより相手関係では楽になれますし、G1でも勝ち負けになるはず。G1はオークス②着が最高ですので、そこに近い着順を狙いたいです。

⑧クイーンズリング

以前「クイーン」の名前の馬さんが2頭出走していて馬券になったとき「Wクイーンが馬券に絡んだ」と盛り上がったので印象に残っています。そのレースこそ、昨年のエリザベス女王杯のクイーンズリングとミッキークイーン。ミッキーの方が人気は上位でしたが、ゴール前ではリングの勢いの方が優っていて、最後は差をしっかり付けられたという内容でした。前走の阪神牝馬Sでは、ミッキーが①着、リングは⑮着(16頭中)と勝負にもなりませんでしたが、リングにとっては香港帰りの一戦でしたので、初海外の疲れが出てしまった可能性もあります。叩き2戦目の今回は本来の姿が見れるはずです。

⑭レッツゴードンキ

前走・高松宮記念は②着と健闘しました。最近の成績を見ると、桜花賞馬ですがG1で府中のマイル戦はやや不安だなぁと感じます。

押さえの△は⑤アドマイヤリード。目下5走連続で連対中の上がり馬。阪神牝馬Sではミッキークイーンには離され②着でしたが、小雨の降る重馬場でしっかり最後までいい脚を使えていたのが高評価です。

1~5人気が圏外の大波乱

1着 アドマイヤリード
2着 デンコウアンジュ
3着 ジュールポレール
馬連42,710円 3連単978,700円


前日の雨から思っていたよりも馬場の乾きが遅かった東京競馬場。むしろミッキークイーンにはプラスに働くと思っていましたが……。どの馬さんでも走れる時計の決着となり、最も適性とマッチしたのはアドマイヤリードでした。デンコウアンジュとジュールポレールにいたっては無印。ここまで読みが外れてしまったらむしろスッキリします。来週は3歳牝馬クラシックのオークス。そろそろ的中がほしいです!

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ