LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

水上学の血統トレジャーハンティング

【京都新聞杯】兄をなぞるか、父を追うか

水上学の血統トレジャーハンティング

土曜京都11R 京都新聞杯(G2)(芝2200m)

◎本命馬
③サトノクロニクル
牡3、栗東・池江厩舎、川田騎手

今年の京都新聞杯には、レースと縁がある血統の馬が複数出てきた。
まずはサトノクロニクル。半兄サトノラーゼンがここを勝って、ダービー2着。さらに父ハーツクライは13年前の勝ち馬で、やはりダービー2着だった(もう1頭ハギノアレスがハーツ産駒)。そしてミッキースワローは、父トーセンホマレボシが5年前の勝ち馬。
どれもここまでのレースに見所はあるが、血統中心の予想なら、人気でも③サトノクロニクルに逆らうのは難しい。父、兄、双方がたどった道をこの馬もまた歩むとみた。

いま述べた相性に加え、高速上がりにも、前付けのレースにも好位差しにも対応している。素軽い走りをする牝系なので、京都ならベストパフォーマンスが望める。勝ち方によっては、本番でも有力候補に躍り出る。

$お宝馬
⑨メルヴィンカズマ

前走が不利に泣いたことは明らかなので、おそらく人気になるのかもしれないが、敢えて指名しておく。未勝利戦ではサトノクロニクルと0秒2差、アドミラブルと0秒4差と好走を続けている。古い牝系でパワー十分、あまり後ろからだと今の京都では厳しいが、積極的な立ち回りの北村友騎手が鞍上なら、新味を引き出してくれるのではないか。
上位評価は⑧ミッキースワロー⑪プラチナムバレット。押さえは④インヴィクタ②ダノンディスタンス

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ