びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

【ヴィクトリアマイル】乾きゆく馬場ならディープ万全

水上学の血統トレジャーハンティング

日曜東京11R ヴィクトリアマイル(G1)(芝1600m)

◎本命馬
⑪ミッキークイーン
牝5、栗東・池江厩舎、浜中騎手

土曜の東京の雨は久々の本降りとなった。あれだけの水はけを誇る東京が、完全に水が浮き、ダートは田んぼ状態、芝もずっしりと重そうで、芝を叩くドシャドシャという音がスタンドに響いた。
しかし、雨さえやめばどんどん水が引いていく魔法のような路盤だけに、今夜半に雨が止めば、明日は曇り予報であっても、良に近い稍重には回復すると考える。この場合は、内の透水性が高いことが取材から明らかになっているので、馬場は内が先に乾き、硬めとなる。ただし、さすがに高速馬場ではない。
明日は内目を捌いて伸びる馬、あるいは先行馬の粘りも見られるはずだ。

高速馬場でなければ、⑪ミッキークイーンの不安は消える。去年より相手も楽で、まず勝ち負けにはなるだろう。
それでなくとも、道悪から乾いていく途中の芝ではディープインパクト産駒が強い。滑るような馬場になっても、小柄あるいは重心が低い馬の多い同産駒は、他馬に比べて走りづらさが軽減されるからと見ているが、この馬にとってその点も味方するはずだ。被った人気だが、逆らわずにヒモ荒れを狙う。

$お宝馬
④ソルヴェイグ

ということで、ヒモ荒れのカギを考えるのがこの馬だ。スプリント戦に徹しているが、全兄ドロウアカードはマイルから千八でも好走しており、問題はないはず。そもそも1200mではスピード負けが目立っており、時計のかかる洋芝の方が走れるタイプ。ハナはオートクレールかこの馬になると思うが、前に行って粘り込めるだけの地力は、十分備わっている血統だ。

相手上位は③ジュールポレール⑫ウキヨノカゼ⑭レッツゴードンキ。押さえは②スマートレイアー⑤アドマイヤリード⑧クイーンズリング⑦ルージュバック

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ