【神戸新聞杯】このレースは堅い?いや、こ・と・しも波乱ですよ

提供:箱丸のバコッと買ってみよう

箱丸の神戸新聞杯 丸買い予想!

箱丸の神戸新聞杯 丸買い予想!

勝馬箱丸

さて、今週もやって参りました。自称【1分】予想家の勝馬 箱丸(かつま・はこまる)です。

皆さん、神戸新聞杯はどんなレースのイメージですか?ひと昔前までの神戸新聞杯って、堅いレースでしたよね?

それが中京に舞台が替わった2020年から激変。一昨年は14番人気ロバートソンキー、不良馬場の昨年も10頭立ての8番人気モンテディオと、穴馬が2年続けて馬券に絡んでいます。

今年も台風の接近で馬場が悪くなるのは確実!?となれば、箱買い(ボックス)の出番でしょ。特に、今回は意外な穴馬が何頭も挙がってきてますんで、期待してください!



さっそく、今週の箱買いレース・神戸新聞杯を見ていくとしますか。今年も荒れそうな感じがします。

箱買いファクターは、例のフリップで!

神戸新聞杯の箱買いファクター
  • ●コース
  • ●騎 手
  • ●ローテ
  • ●血 統
  • ●穴の隠し味


コースは、中京芝2200mで過去2戦して馬券率100%の②ボルドグフーシュ。今回は2走前に同舞台の京都新聞杯で先着された馬も出ていますけど、当時はスタートで隣の馬に体当たりされて最後方からの競馬ですからね。それで3着なら強いでしょ。そう思いません?

続いての騎手は、中京芝では無類の強さを誇る川田騎手が中山遠征で不在とあって、意外な騎手がランクイン。藤岡康騎手は中京芝2200mで(4-6-3-17)連対率33.3%と、リーディング騎手に匹敵する好成績で、神戸新聞杯は人気薄の①リカンカブールに騎乗します。

ローテーションからは、先週のローズステークスを快勝したハートハウスの前走オークス組と同じく、過去10年で9勝と圧倒的な「前走ダービー組」一択。今年は最先着馬⑭プラダリアで決まりでしょ。

血統は、中京芝2200mで(7-5-4-21)連対率32.4%と、出走馬の約3頭に1頭が連対するエピファネイアで決まりです。今年は④コントゥラット、⑤ヴェローナシチー、⑨サトノヘリオスの3頭。ここが一番匂います。

最後は、穴の隠し味。今年は、昨年と同じく雨の影響で馬場が悪くなりそうで、シンプルに「道悪巧者」で行きましょう。どれどれ、今年のメンバーで重~不良で勝利経験がある馬は…。まさかの⑭プラダリア1頭!?

いや、他にも恐らく“道悪が上手そうな馬”なら、いるにはいるんです。でも、こればかりは走ってみないことには分かりません。「根拠」がないと説得力ないじゃないですか。まぁ、今回は他のファクターで穴っぽい馬を拾っているので、勘弁してください!

神戸新聞杯・箱買い予想
馬連ボックス
①②④⑤⑨⑭(15点)

「あれもよう・こんなときこそ・はこがいで」

箱丸でした。

日曜中山で行われるオールカマーの箱買い予想も公開しています。こちらもよろしくお願いします!

それでは、来週も見てくださいね~。