新規会員登録

コースデータ

函館競馬場 芝1200m
函館競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

向正面ポケットからのスタートで、3コーナーまでの直線距離は489mの上り。そこからゴールまでは下りである。重い洋芝ということもあって時計は遅く、開催が進むにつれて差し馬が優勢になる傾向にある。

騎手、厩舎は当然ながら「北海道組」が強く、岩田騎手はズバ抜けた勝ち星を誇る上、複勝率は50%近い。厩舎は須貝尚介厩舎が質・量ともに圧倒。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 上り
2歳 新馬 41 1.10.9 35.4 35.4 0 35.2 27 66 22 8
未勝利 38 1.11.1 34.9 36.2 1.3 36.0 24 66 18 6
オープン 8 1.10.7 34.0 36.6 2.5 36.3 2 12 7 3
3歳 未勝利 59 1.10.2 34.2 35.9 1.7 35.6 35 78 58 6
混合 500万 74 1.09.7 34.1 35.6 1.5 35.1 25 83 95 19
1000万 36 1.09.5 34.3 35.3 1.0 34.9 15 50 34 9
1600万 9 1.08.9 33.7 35.1 1.4 34.6 3 12 9 9
オープン 9 1.09.6 33.8 35.1 1.3 34.7 5 6 10 6

買いの法則

原田 和真
騎手
騎乗機会17度で【3-2-2-10】。
平均7.5番人気ながら複勝率41.2%は優秀。
ヨハネスブルグ
産駒
【10-3-3-21】で勝率27%、連対率35.1%。
単勝回収値も119と信頼できる。
馬主
岡田 牧雄氏
【9-9-6-92】で勝ち星は社台&ノーザン系を凌ぐ。
単勝回収値273で穴馬の激走も多い。

消しの法則

馬主
社台レースホース
【2-1-5-25】で勝率6.1%は物足りない。
単勝回収値33、複勝回収値68も低い。

~その他のPOINT~
・他場よりも時計がかかる
・開催が進むにつれて、差し馬有利、外枠有利の傾向
・上位条件では直線一気は決まらない

集計は2011年~2016年/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

函館競馬場

函館競馬場
芝コース
ダートコース