びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

コースデータ

中山競馬場 芝1200m
中山競馬場

コース攻略検証・見解

秋のG1開幕戦・スプリンターズSが行われる舞台で、外回りの向正面、坂の頂上からのスタート。3コーナーまで距離は275mと短いが、4コーナーまでの実質500m近くをストレートに近い緩やかなカーブで進んでいく。スタートからゴール前の坂下まで約4.5mの下りが続き、全競馬場の中で屈指の高速コーナーとなっている。

勢い良くコーナーを曲がり、ゴールを目指していくのだが、最後に待ち受けているのが中山名物の急坂。オーバーペースで先行した馬はここで勢いを削がれてしまう。しかし、最後の直線は中央4場ではもっとも短い310mで、よほどのことがない限りは直線一気も決まらない。

中心は先行馬。短距離で先手を取りたい馬は多いが、前半が緩いカーブのため、外枠の馬は若干の距離ロスがある。仮に外の馬が先手を取った場合は、前半に無理をしている可能性が高く、逃げ切ることは少ない。高速コーナーの3~4コーナーで馬群全体が外に振られる事も多く、内がポッカリと開くケースもよく見られる。基本的には内をロスなく回れる先行馬が有利なコースだ。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス レース数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り 1-3着逃 1-3着先 1-3着差 1-3着追
2歳 新馬 20 1.10.4 35.0 35.4 0.4 35.1 11 29 18 2
未勝利 26 1.09.6 34.0 35.6 1.7 35.1 11 34 24 9
500万 5 1.09.4 34.1 35.3 1.2 34.9 0 4 9 2
OPEN 9 1.09.1 33.7 35.4 1.7 35.0 5 8 9 5
3歳 未勝利 3 1.08.6 33.9 34.7 0.8 34.7 2 5 2 0
500万 16 1.09.4 34.0 35.4 1.3 34.9 5 13 23 7
古馬 500万 11 1.08.3 33.5 34.8 1.3 34.4 2 14 16 1
1000万 42 1.08.7 33.9 34.8 0.9 34.3 14 48 48 16
1600万 27 1.08.3 33.5 34.7 1.2 34.2 9 24 30 18
OPEN 22 1.08.2 33.6 34.6 1.0 34.1 4 23 28 11

集計は2011年~2016年3回中山 「上り」は、勝ち馬の平均上がり3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

~POINT~
・逃げ、先行馬が有利なコース形態だが、クラスが上がると差しも台頭
・横山典、蛯名、柴田善といったベテランの技が冴える
・サクラプレジデント、ネオユニヴァース産駒の大駆けに注意

~特注種牡馬~

勝利数トップ=サクラバクシンオー(20-7-9-153/189)
勝率10.6%、連対率14.3%、複勝率19.0%、単回値91、複回値54

高連対率=ネオユニヴァース(6-4-1-27/38)
勝率15.8%、連対率26.3%、複勝率28.9%、単回値247、複回値105

高単勝回収値=サクラプレジデント(7-3-3-30/43)
勝率16.3%、連対率23.3%、複勝率30.2%、単回値258、複回値112

コースデータ

▲2015年のスプリンターズS
ストレイトガールが先行勢を差し切りG1・2勝目を挙げた!

中山競馬場

中山競馬場
芝コース
ダートコース